2014年02月28日

鼻炎解消で口呼吸から鼻呼吸へ

鼻炎解消で口呼吸から鼻呼吸へ!

私も鼻炎で22年ぐらい苦しんでました。

夜寝ていても、特に冬場は冷たい空気が入ってくると
クシャンミで起きてその後は鼻炎です。

結局、その日は数時間の睡眠。
翌日は頭が重く、イライラ、これでは仕事も辛い日々が

続いていました。
たまたま、ネットを見ていて、見つけたのが

「えぞ式すーすー茶」でした。

そこに書かれていた
抗ヒスタミンを抑える茶葉を配合している事に興味

を覚えました。
(花粉症でもあったので抗ヒスタミンについては知識が
あったので・・・)

早速、1セットのみ購入。

最初に飲んだときは普通のお茶か?

という感じでしたが、1週間ぐらい続けたときに
何だか、鼻の両方がすーすー通る感じになりました。

久しぶりに鼻が通り、今までどちらかと言うと
夜は口呼吸が多く、自分のイビキが気になっていた

が、気にならず眠ることができました。

しかも「えぞ式すーすー茶」の良いところは
眠くならない事ですね。

外出中でも、仕事中でも気にせずお茶として飲める
事が良いですね。

薬局や、医師からもらう鼻炎薬の場合、眠くなるうえ、
のどが渇くので車の運転や重要な会議の時には
注意が必要でした。

普通にお茶を飲むだけですのでこれなら続けられますね。

飲むだけでスースーが体験できるお茶「えぞ式すーすー茶」
今年は春を楽しめそうです。

☆「えぞ式すーすー茶」とは

・グズグズ・ズルズルの悩みを抑える「甜茶」

・抗菌力に優れ、細胞膜強化をサポートする「熊笹」

・詰まりの原因を抑え、過剰反応を本来の反応にする「赤紫蘇」

を絶妙のバランスで配合された健康茶です。

鼻炎を解消するために開発されたお茶
それが「えぞ式すーすー茶」です。
otya-02.jpg

えぞ式すーすー茶はこちらで購入できますよ。



posted by youtyan at 17:39| Comment(0) | 鼻炎はこれで解消! | 更新情報をチェックする

花粉症で鼻炎、どうすれば治るの?

花粉症でくしゃみ、鼻水が・・・どうすれば治るの?

otya-01.jpg

今までいろいろな事、試したけど効果がなかった

今でも

・ティッシュが手放せない

・呼吸が苦しくてイライラッ

・花粉の季節以外もズルズルで辛い

できれば、そんな鼻とってしまいたい!

集中力もなくなるし、夜も気になって眠れないし、ツライですよね。

花粉症は一種のアレルギー症状なので、原因である花粉

を寄せ付けないようにすることが一番です。

花粉が原因の季節性アレルギー性鼻炎

場合は花粉がアレルゲンで、花粉の飛ぶ季節だけ症状がでます。

主なアレルゲンに、スギ、ヒノキ、シラカバ、ブタクサ、ヨモギ
などがあります。

また、通年性アレルギー鼻炎(慢性鼻炎)という症状があります。

こちらのアレルゲンはダニ・ハウスダスト・ペットの毛・フケなどで
発症します。

アレルギー鼻炎は何が原因かを知ることも大事ですね。

季節性アレルギー鼻炎、慢性鼻炎を止める!


ここであなたに質問です。

このツライ鼻炎を止めるためあなたは薬を使っていませんか?

一時的には止まっても、すぐ鼻炎になったりして困っていませんか?

薬で一時的にはとめる事ができます。

しかし、薬のように理論上の効能・効果ではなく、

実際の身体の変化、実感」に即した方法で

アレルギー反応を起こさせない事で鼻炎を解消させる事が大事なのです。

では、まずその前になぜ、鼻炎が起きるのかです。

☆鼻炎や花粉でズルズルになるのは何故?

鼻炎や花粉症は一般的にはアレルギーからと言われています。

アレルギーといってもアレルギー性鼻炎・花粉症・アトピー

皮膚炎など色々あります。

実はこれらのアレルギー反応は、原因(花粉、ハウスダスト、

食べ物など)は違えど、起こるメカニズムは一緒なのです。

元々アレルギーは、体を守る働きです。

外部から異物が進入してくると抵抗できるよう抗体を作ります。

その時、くしゃみや鼻水という症状を誘発させる物質である

抗ヒスタミンを隠し持ちます。

再び、異物が入ってくると作っておいた抗ヒスタミンを放出

してクシャミや鼻水という症状で異物を外へ出そうとする

のです。

これが鼻炎が起きるプロセスです。

☆季節性アレルギー鼻炎・慢性鼻炎を解消させる方法

抗ヒスタミンの発生を抑えることで鼻炎・クシャミが

改善できることが分かっています。

抗ヒスタミンの発生を抑え、鼻炎を解消できる方向へ導く

お茶がこちらにありました。

えぞ式 すーすー茶



えぞ式すーすー茶はヒスタミンの発生を抑える働きがあるといわれる

バラ科の「甜茶」と

北海道で古くから薬草として用いられてきた「熊笹」と

赤紫蘇」を加え、相乗効果を高め、

飛躍的に実感度が高まるお茶です。

実際に28年間慢性の鼻炎で悩んでいた主婦がこのすーす茶を飲むように

なってからウソのように鼻炎が解消したと報告されています。

しかも、『えぞ式すーすー茶』はノンカフェインの健康茶で、

お薬とは異なり、眠気を引き起こす等の副作用はありません。

お飲みいただく時間や場所を選ばず、お好きな時に飲む事が

できます。

これは車を運転する人にとってうれしいですね。

公式サイトがこちらになります。





早く花粉症を解消にて素敵な春を過ごしましょうね。
posted by youtyan at 16:52| Comment(0) | 鼻炎はこれで解消! | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

イビキと肌荒れの関係

イビキと肌荒れ

自分がイビキをかいているかどうか、よくわからないという
女性も多いですね。

次のような症状だったらイビキが関係しているかもです。

・朝起きたとき、ノドがひどく渇いている
・寝たのに疲れがとれない・睡眠は取れているのに熟睡感がない
・朝起きたときに頭が痛かったり、重かったりする
・肌荒れしやすく、化粧のノリもよくない

こんな症状が続いたらイビキの疑いありです。

イビキは「口呼吸+酸素不足」が原因です。

イビキをよくかく人は、寝ているときに口で呼吸をしています。
口呼吸をすると振動音(イビキ)が大きくなるだけでなく、
口呼吸のためノドも渇きます。

そうするとノドが狭くなっているため、取り込む空気量が
少なく、酸素不足になってしまいます。

酸素不足になると血液中の酸素が減り、疲労が回復せず、
熟睡感も得られません。

睡眠中に身体が酸素を取り込もうとするため、かえって
疲れを感じることがあります。

酸素不足で息苦しくなり、夜中に目をさますこともありますね。
悪夢をみるのも、イビキの影響という事もあります。

これでは肌も休まっていないので、肌荒れや、化粧のノリも
悪くなります。

イビキで眠れず、肌荒れや肌の色までがくすんでしてしまう事
もあります。


美肌作りのためにもイビキを解消をすることが必要ですね。

イビキは前にも書きましたが、鼻炎も少なからず影響して
いる事もあります。
posted by youtyan at 10:16| Comment(0) | 鼻炎とイビキ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。